発光路の森フィッシングエリア

春のエリアトラウトは気まぐれ!!
攻略の鍵を握るのは情報?
発光路の森フィッシングエリア(栃木県鹿沼)
画像


今回は栃木県鹿沼の
発光路の森フィッシングエリアにお邪魔して
ルアーフィッシングを楽しんだ。

栃木県の管理釣り場へは隣県ということもあり
年に数十回釣行しているが、主に那須方面が多く
当エリアは初の釣行だ。

当日、逸る気持ちを抑えられず開場1時間以上前に現地入りしたが、
私以上に思いのアツい方が先着されておりました(笑)
その方に声を掛けると常連の方のようで、当エリアの情報を色々と教えて頂きました。
やはり、初めて行く場所は生の情報が釣果への近道なので、
恥ずかしがらずに、積極的に状況を聞いておくと良い。

さて、当エリアのポンドは4つ有り、
1号池 20cm~30cmの岩魚・山女・レインボー(最深5M)
2号池 20cm~45cmの岩魚・ニジマス・サクラマス・ブルック(最深5M)
3号池 60cmオ―バーのヤシオマス・ドナルドソン・スチールヘッドなどの大物が狙い目(最深3M)
4号池 20cm~30cmの岩魚・山女が中心のサイトフィッシング用(最深1M)
となっており、4号池以外はかなり深目のポンド設計になっている。

開場7時少し前にオーナー到着。
遊漁券を購入しランチの注文を済ませたが、
ランチの予約は、朝チケットを購入する際か10:30までに受付カウンターで注文するシステムだ。
因みに今回注文したのは、事前にHPをチェックした際に掲載されていなかったチキンカレーにした。

常連の方に教えてもらった情報を基に、
先ずは朝一大物狙いで3号池の2号池からの流れ込み付近に陣取った。

当日の気温は8度、水温も8度と、連日の冷え込みで低下したとのことで
あまり状況は良くないであろうと覚悟しながらのスタートとなった。

先ずは、深場用のパイロットスプーン(ディープダイヤ)をレンジを変えながら数投してみたが、反応がない・・・。
周りのアングラーも苦戦してるようで首をかしげている状況だ。
ルアーを追っては来るが、少し後ろについてくる程度・・・
中々ルアーにアタックしてくれない。

リトリーブスピードが速いのかと、軽めのスプーンやクランクをスローに巻いてみるが
反応は変わらず、アクションやポーズを入れると反転してしまう・・・といった感じで、
ルアーローテーションするも状況は変わらなかった。
画像
画像
画像

そんな中、同行した息子の拓海がファーストヒット!ブラウントラウトを釣り上げた。
聞けば息子は、気温も低いしあまりライズもしてないので、魚が沈んでると判断し、
「前回お父さんに教えてもらった、ペレスプでボトムをゆっくりデジマキしたら釣れたよ!」と言われ、
私は目から鱗が落ちました・・・
当日の状況を考慮せず、朝一常連さんに聞いた情報を鵜呑みにして、策に溺れたのが私で、
前回の釣行で私から聞いた「情報」を基に「現場・現実・現物」で「判断」し実行に移した
息子の方が一枚上手でした(笑)

その後、私も刻々と変わるエリアの状況を考え、そして魚達の動きを良く観察するという、
初歩的な事を念頭において、魚の気持ちを考えながら釣りを再開しました。

すると、不思議な事に今までが嘘のようにアタリが出始めるという結果!
やはり、何事も相手の気持ちにたって考えないと上手くいかないものだと実感させられた。
(トラウトの気持ちになるということですね~)
画像
画像

当日のヒットパターンは以下の通り、
・ボトムをペレスプでデジマキ(ハンドル1/3回転刻みで緩急をつけるとアタリが出易かった)
・表層をアンフェアでスローリトリーブ(巻を止めると反転してしまうので巻き続けた方が良かった)
・トップをコブンで放置プレイ(ライズのある場所にキャストしてそのまま放置しておくとガバッっと出る)
・スプーンは表層かボトムをやや速巻きが高反応、中層は水深があるため攻めきれず良くなかった)
こんな感じであるが、
結局、一日通して明確なヒットパターンは掴めずじまいで終了時間を迎えた。

今回の教訓は「情報」は参考に「現場・現実・現物」で「判断」すること。
日常の仕事で良く言っていることだが、釣りにも通ずるものがある。

釣果の方は、ランディング出来たのが恥ずかしながら9尾となってしましった。
同行者3名共に仲良く9尾づつという結果に・・・。これも釣りですね(笑)
画像

夕方オーナーに話を聞くと「夕方のライズも無く、ここ数日では一番激渋な一日」とのことだったので仕方ない部分もある。
ただ、万策尽き果てた訳でもなく、情報に固執し過ぎたのが仇となり、いつの間にか一日が終わっていた・・・。

釣り以外の部分では、ランチで食べたチキンカレーが絶品で美味しかった!おススメのメニューです。
また、管理棟に休憩に行くとお茶やお菓子も出していただき、オーナーとの釣り談義にも花が咲き、
エリアフィッシングの奥深さを再認識出来た印象深い釣行となった。

発光路の森フィッシングエリアは、山間に流れる渓谷に隣接された、自然豊かな素晴らしい景観のエリアだ。
ポンドも大きな岩で施され、水質もクリアでとても気持ちが良い。
次回こそは発光路の森のトラウト達を攻略出来るよう頑張ります!!

* アクセス*
・栃木IC~発光路の森(25km)…………………………………40分
・鹿沼IC~発光路の森(35km)…………………………………45分

「今回のタックルデータ」
・ロッド・・・ヤマガブランクス ブルーカレント68
・リール・・・ダイワ1000番
・ライン・・・バリバス エリアスーパートラウト マスターリミテッド プレミアムPE 0.3号
・リーダー・・・バリバス フロロ 1号
・ヒットルアー・・・ペレスプ・アンフェア・ディープダイア・コブン・他
・フック・・・がまかつ(シングルバーブレス
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック